納骨堂とは骨壺に入れた遺骨を安置しておく建物です。

昨今の少子高齢化に伴い、墓地の承継者がおらず墓じまいをする方も増えてきました。

お墓を撤去した際、納骨されていた遺骨はどうするのでしょうか。その1つに納骨堂に移す事も出来ます。またお墓を持っていない世帯の方が、お墓を建てるまでにはいかない・・・という場合にも納骨堂に納める事もあります。

当山はそのような時代の流れを受け平成28年に納骨堂を建立するに到りました。

境内墓地の中心付近に位置し、骨壺が100基納まります。

原則として30年間に渡り、毎年お盆の時に塔婆を上げお経を上げてご供養いたします。

檀徒外の方も受付しております。

ご相談ください。